こだわり大豆・豆腐商品

豊栄産業ではさまざまな食品をお取扱いしていますが、
中でもお取引先様やエンドユーザー様にご好評をいただいている冷凍食品をご紹介します。

■ニュー大豆ハンバーグ

お肉の量が半分なのに、味や食感はそのままの大豆ハンバーグです

お肉の量は従来のハンバーグの約半分。
代わりに大豆たん白を使用して脂肪分を抑えた、ヘルシーなハンバーグです。大豆をたっぷり使用しているにもかかわらず、味や食感はお肉中心のハンバーグとほとんど変わりません。

トマトソースやきのこソースはもちろん、ダイコンおろし、ねぎ、ポン酢しょうゆなど、和風のあっさり味にもよく合います。健康志向のメニュー作りに最適な商品です。

衛生管理の行き届いた食品工場で、ムラがなく均一性の高い製品を生産しています。

<調理例>

  • 凍ったまま電子レンジ(500W)で、約2分40秒調理してください。
  • 焼く場合はフライパンに少量の油をひくかクッキングシートを敷き、凍ったままの商品を弱火で約7〜8分調理してください。

■海老たっぷり湯葉巻き

海老や湯葉など、調理に手間のかかる素材を使った贅沢な逸品です

海老をたっぷり盛り込んで、春巻き風に湯葉で巻き上げてあります。ミルフィーユのように湯葉を重ねる製法は、家庭ではなかなかマネできません。高級感を感じさせる海老と湯葉の組み合わせが、食卓を豪華に彩ってくれます。

フライ済みですので、調理方法は電子レンジで温めるだけ。フライパンで焼いてもおいしくお召し上がりいただけます。

 

<調理例>

  • 解凍後、弱火のオーブンで約4分焼いてください。
  • 油で揚げる場合は、凍ったままの商品を約160℃の油に入れ、約7分フライしてください。
  • フライ済みですので、電子レンジ調理だけでも簡単にお召し上がりいただけます。

■ニューソフトプチとうふ

さまざまなシーンで活躍してくれる便利な冷凍豆腐です

冷凍の豆腐は長期間の保存が可能なため、こまめに仕入れを行う必要がなくなります。また一口サイズなので、調理の手間が省けるという点も大きなメリットです。さらに、一気に使い切らなくても良くなるため、廃棄によるロスが少なくなります。

一定の頻度で豆腐を使用する病院や介護施設、またムダな作業を省いて生産性を高めたいお弁当屋さんなどに最適な商品となっております。

 

<調理例>

  • 麻婆豆腐や味噌汁を作る際などに、冷凍のままご使用ください。
  • さっとボイルすれば、豆腐サラダなどにもご利用いただけます。

■海老と豆腐のナゲット

ぷりぷりの海老とクリーミーな豆腐が一体になったナゲットです

豆腐を使用した海老入りのナゲットです。
ぷりっとした海老の食感とクリーミーな豆腐のなめらかさを同時にお楽しみいただけます。サクッとした軽い歯ごたえは、女性やお子様に大変人気です。

「海老と豆腐のナゲット」は、定食屋や居酒屋を中心にお取り扱いいただいております。
電子レンジはご使用になれないため、フライパンで焼くか油で揚げて調理してください。

 

<調理例>

  • 焼く場合はフライパンに大さじ2杯程度の油をひき、凍ったままのお豆腐ナゲットを並べてから蓋をしてください。その後、片面につき2〜3分程度、弱火で焼き上げてください。
  • 油で揚げる場合は凍ったままのナゲットを170℃〜175℃の油に入れ、3〜4分ほど調理してください。

■もっちりミニたい焼き

もっちりとした食感が楽しめる米粉を使用したたい焼きです

日本の代表的なお菓子として広く親しまれているたい焼きを、食べやすいミニサイズにしました。皮に米粉を使用しているためもっちりとしており、冷えてもパリッとした食感をお楽しみいただけます。

また、皮には豆乳が練り込まれているため、大変ヘルシーです。豆乳は風味が前に出ないよう配慮しており、大豆製品が苦手な方でもおいしくお召し上がりいただけます。

 

<調理例>

  • 冷凍のまま電子レンジ(500w)で約30秒。バターを付けると一層おいしくお召し上がりいただけます。
  • 蒸す場合はホイルで包んでからオーブンで加熱してください。
  • 油で揚げた場合はごまを振りかけると、より一層おいしくお召し上がりいただけます。

取扱商品

豆腐加工品
業務用食品添加物
豆腐関連商品
こだわりの豆腐商品 豊栄産業の特撰レシピ集 納品までの流れ よくある質問